RAILWAY浪漫 ロクヨンcafe

鉄道写真がメインです。過去から最近撮影したものまで、気ままに 思いついたままに綴ってまいります。

潤いの坂下にて 


田植え時期の水田って・・・いいね!

今年だけかも・・・
水入りした水田に列車の反映も・・・本日の6883レです。今年はこの時期にも6883レが走ってくれたおかげで、こういった風景のなかでの撮影も可能となりました。初夏の6883レは今年限定かもしれず、できればいろんな場所で撮影しておきたいものですね。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ワンクリックしてもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

快走81レ 


緑の季節を・・ただひたむきに・・・

81レの間違いね
流し撮りの練習を・・と思いつつ81レを待ちましたが、現れたのが広島色1049号機でしたので、もっと普通に狙えば良かったかも??などと邪念が入り乱れての撮影となってしまいました(笑)。連写してヘタな鉄砲撃ちまくりましたが一枚だけなんとか見られる画像があり、結果多少邪念があったほうが肩の力も抜けていいのかもしれませんね。・・・てなわけで日付変わって昨日撮影した流し画像を・・・。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ワンクリックしてもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

黄昏8885レ 


この時間帯がたまらない!

これもいい季節だ!
撮影に出かけて帰路につくとちょうど釜戸あたりで8885レに遭遇します。日没後の空に薄紅色残る時間、いよいよ釜戸を発車するのですが折しも田植え直後の水田に空の微妙な色合いが反射してくれました。8885レはこれからが旬です!

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ワンクリックしてもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

マーガレットのお見送り 


間もなく田植え!

新しい季節のはじまり・・

マーガレットいっぱい
田んぼに水が入れられると今まで眠っていた何かしら季節の節目みたいなのが目を覚ます!・・そんな気がします。水田の風景は季節とともに変化していくのですが、どの季節の風景も美しくて素敵です。それは日本の豊かな季節感を印象付ける大きな因子のひとつといえるのではないでしょうか。
ところで最近はもともと園芸種だったマーガレットがあちこちで咲き乱れるようになりました。いつしか水田の脇に群生するところも・・・。いい悪いはともかく、これも季節の彩りになりつつあるようです。

ということでマーガレットに見送られながら快走する本日の5875レです。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ワンクリックしてもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

「さくら」の思い出 


特急「さくら」が一番好きだった!

いい時代だったEF65540〔東〕牽引2レ 78年 8月27日  根府川にて

桜の記憶ならぬ「さくら」の記録・・・(笑)。
数あるブルートレインのなかで一番好きな列車が「さくら」です。多少強引を承知で言いますが(笑)、1レと2レといえば、かつて客車特急時代の「つばめ」の列車番号であり、それを引き継ぐ伝統の番号。これは野球でいえばエースナンバーみたいなもんでしょうか? 昼行、夜行の違いもあり走行距離も違いますから当時の国鉄がそんな思い入れを「さくら」に託していた・・・とは思えませんが私としてはそんなロマンを夢見たいわけです。

だから特急「さくら」号!
思えば遠く子供の頃に見た絵本には青いEF58の特急「さくら」が描かれていました・・・「さくら」が好きになった原点。

PF牽引もいいよねEF651111〔東〕牽引1レ 78年 8月28日 大井町にて

こちらは新製されてまだ間もない頃のEF651111牽引「さくら」です。1978年の夏はブルートレイン牽引機がEF65PからEF65PFへと順次交替していった年で両方が混在して走ってました。今のように運用情報が簡単に手に入る時代ではありませんでしたからどっちが牽引してくるのか全く分からずでしたがPを期待しつつもPFも新製直後で美しかったから、まぁ結局どっちでもいいや!のややP寄りの気持ちで列車を待っていました。

しかし今になってみるとEF65P牽引のブルートレインをぎりぎりでも撮影できたことは良かったなぁ・・・とつくづく思うのです。なぜなら、東海道線が全線電化されて以降、伝統の特急牽引機はEF58に始まりEF60500番台、EF65Pまで(汗)。異論ある方もいらっしゃるかと思いますが私の中ではEF65Pは東海道伝統の最後の特急牽引機だったと勝手に思っています。PFは高速貨物牽引も視野に入れて改良された形式なので変なこと言いますが純粋じゃないんです。ましてEF66なんて・・・。

まさかこいつがブルトレ牽引機
EF6651〔関〕牽引コンテナ貨物(列番不明) 78年 8月27日 根府川にて

EF66なんて・・・というとEF66ファンから叱られそうですが・・けっしてEF66が嫌いなんかじゃありません。EF66にもヒストリーがあるわけでしてそれはそれで興味深く歴史に名を残し敬意を表すべき形式だと思います。本来は貨物用として登場した生い立ちからするとブルートレイン牽引機に抜擢されたこと自体驚きでした。

写真は根府川で「さくら」を撮影した日に撮っていたEF6651。この51号機は後にブルートレイン牽引機の一両になるわけですがこの時だれがそんなこと想像したでしょうね。残念ながら私は休鉄していたブランクが長く、その間にブルトレはその勢力をどんどん失い私が復鉄した時には「さくら」はいなくて「富士はやぶさ」という併結特急にまで落ちぶれた一本を残すのみ、その時点でまぁブルトレはええわ!っていう気分だったです。惜しむらくはEF6651が牽引している「さくら」をもし撮影していたらこの記事ももう少しは深い話になっていたかも・・・・(?)。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ワンクリックしてもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村