fc2ブログ

RAILWAY浪漫 ロクヨンcafe

鉄道写真がメインです。過去から最近撮影したものまで、気ままに 思いついたままに綴ってまいります。

アルプス遠望 


信州への誘い!そんな景色?

やっぱピーカンよね
こうして見るとなかなかどうして情緒的な風景ではありませんか?職場が近いこともあり天気がいいと仕事帰りについ立ち寄って最近はここでの撮影がほとんど。本日やっと快晴で8084レを迎え撃つことが出来ました。

東農から見る木曽山脈は雄大です!


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ポチッとワンクリックしもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



釜戸寸描 


日暮れまではるか銀嶺を望む

ある一景
8日に撮影した8872レです。
日没直前の時間で本当は夕日が低く射す時間でもありますがこの日は残念ながら西の空に薄雲がかかりほとんど光りは届きませんでした。ただ夕日が射すとこの列車位置には山の影が落ちてしまいます。そんななか遠くの木曽山脈は何とかその山容を見せて薄く日没前の光線に照らされているようにも見えます。影が無いことを幸いに、ここは思い切って長玉で遠景を寄せてみようと急遽構図を変更して撮影してみました。横たわる高圧電線がどうにも目障りですが・・・(汗)。


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ポチッとワンクリックしもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

午後の煌めき 


まるで宝石のよう!

キラッ!
キラッとブルサン!昨日の5875レです。こういう印象的な瞬間は線路わきの邪魔な枯れすすきも立派な脇役になりますから写真は面白いですね。EH200はロクヨンとは違った反射を見せてくれるので輝きの瞬間を狙ってみるのも一興かなと・・・。


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ポチッとワンクリックしもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

釜戸夕景 


夕日に染まる街にて・・・

いいね!いいよこの光線
8084レをここから狙うのですが前方上空は晴れていても頭上には雲の帯が横たわり午後の太陽はその雲の帯に遮られてしまいました。しかもお目当てのひとつである遠く木曽山脈も雲の中という最悪の状態でありました。とまあ本日は残念な結果でしたが実は8084レではなく8872レの時間はどんなか?ずっと気になっていまして・・。
15時を過ぎた頃それまで覆われていた雲が消えはるか木曽山脈が顔を出しはじめました。予想してた通り昨日の大雪を頂いて劇的な山々と変貌した峰々がそこに現れたのです。ただ・・・
・・ただ頭上の雲の帯は相変わらずで傾いた太陽はその中に隠れたままです。帯状の雲を通り抜け西の地上とのわずかな隙間の空から日没直前の日射しを期待してはいるのですがそうは問屋は卸さないのが世の常であります。

列車通過の時間が刻一刻と迫るなか手前の街並みに一条の光が!時計を見ると17時を回っています。確か8872レは17時5分頃には釜戸を通過していた記憶?まだ来ない!もっと光を!思わず声が出てしまいます。一条の光はその勢力を増してどんどん遠くを照らし出し夕日が射しこんでいきます。その直後、釜戸駅付近にロクヨンのヘッドライトが見えました。なんちゅうか・・奇跡とは稀に起きるものなんですね(汗)。


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ポチッとワンクリックしもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

落合川にて 


轟音が山間にとどろき最後の鉄橋を渡る時

彼女はやっと木曽の谷から解放される

木曽から美濃へ
正確にはここは岐阜県ですから木曽ではなくて美濃であります。地形的に木曽への入口とでも申しましょうか。おっと上り列車ですから出口か(笑)。信濃から木曽に入って深い谷間を蛇行しながら振り子電車はその本領を発揮して駆けてきます。まるで風のように!最後の木曽川橋梁を渡ると車窓の風景はいっきに開けるのです。木曽からいよいよ東濃へ、そして彼女からしてみればその先の尾張名古屋までラストスパートといったところ。
なんてったってどんな時だって軽快な走りが身上!本日の1012Mです。


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ポチッとワンクリックしもらえると嬉しいなぁ~!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村